レディースのピアスを付けよう|女子力アップ

バイク乗りのアイテム

快適なツーリングをするために

鞄

車での移動ならば、荷物の多さはあまり関係なく、それほど神経質に考えることはないでしょう。しかし、バイクのツーリングなどにおいては、その荷物の分量には気を使います。また、あまり重い荷物を背負っていると途中で疲れてしまうこともあるでしょう。そこで便利なアイテムとしては、シートバッグの存在が挙げられます。250cc以上のバイクであれば基本的にはタンデムシートがついており、そこに取り付けて荷物を入れることができます。そのサイズは様々で、自転車のカゴほどの容量があるものもあれば、薄型でバイクのデザインを損ねることなく取り付けられるものもあります。その素材に関しても様々で、プラスチック製の雨などの水に強いタイプもあれば、コットンなどの割と軽量なものもあります。どちらも長所、短所があります。しかし、バイク乗りで荷物は持ちたいけれど、バイクのデザインはあまり損ねたくないという方にオススメなのが、後者のようなデザインのシートバッグです。最近では薄いながらも容量を確保できるように箱型になったものもあり、ある程度の容量の荷物でも収納が可能になりました。さらに、素材にもナイロン製の水にも強いタイプのものもあり、デザインと機能性を兼ね備えたシートバッグもあります。このように、シートバッグには様々な種類のものがあり、これはそのバイクの利用環境に合わせて適したものを選ぶと良いと言えます。通勤などの利用であれば、機能性に特化しても良いかもしれません。

幅広い用途で

カバン

ツーリングが趣味で普段からバイクに乗っているという人も少なくないでしょう。バイクには自動車にはない魅力があるため、あえて自動車ではなくバイクに乗っているという人も珍しくありません。しかし、積載量が少ないためにどうしてもツーリングの際に困ってしまうことも少なくありません。そんな積載量の問題を解決してくれるのがシートバッグです。バイクに取り付けることが出来るバッグは色々とありますが、その中でもシートバッグは種類やサイズがとても豊富であるために多くの人が使用しています。容量可変型のシートバッグもありますので、そういったバッグであれば様々な用途で使用することも出来ます。ツーリングを行う際にも日帰りで行う場合もあれば、連休を利用して数日かけて行うという場合もあります。その場合にはどうしても着替えなど必要な荷物の量が増えてしまいますが、シートバッグがあれば対応することが出来ます。また、ツーリング以外にもシートバッグがあれば普段から買い物などでも利用することが出来ます。シートバッグは種類やサイズも豊富なので自分の好みで選ぶことが出来るのも魅力の一つです。種類が豊富ということもあって値段も大きさなどによってかなり違ってきますが、安い物であれば数千円で購入することが出来ます。それよりも高いシートバッグであっても一万円前後で購入することが出来ますので、どれぐらいの積載量が必要なのかを考えて購入することが大切です。

見た目より機能重視の方に

婦人

バイクに手軽に装着できる人気の収納アイテムのひとつにシートバッグがあります。シートバッグはバイクのシートの後部に装着するバッグの事です。側面に装着するサイドバッグはバイクの運転に慣れて無い方にとっては車幅が変わってくるので慣れるまで注意が必要な反面、シートバッグはそのような事がないので安心ですが、荷物を入れ過ぎるとコーナー等の際に少し影響がでますので、慣れるまではあまり荷物を入れ過ぎないようにしましょう。また、バイクの運転に慣れていない方はあまり容量の大きいものを選ぶと運転に影響が出る場合がありますので、慣れるまでは小さいものの方が良いでしょう。シートバッグを購入する際には、自分のバイクに装着できるものであるかしっかりと確認しましょう。インターネット等で購入する場合、バイクに詳しい方であれば心配ないと思いますが、バイク初心者の方は電話等で装着できるかどうかを問い合わせる方が良いでしょう。自信のない場合はバイクショップでの購入が安心です。素材も吟味する事をお勧めします。ナイロン製等のソフトタイプのものは運転の際にあまり気になりません。プラスチック製等のハードタイプのものはナイロン製のものに比べて運転の際にやや気になりますが、鍵がういているものがほとんどなのでセキュリティーはしっかりしており、雨が降っても安心という利点があります。ソフトタイプのものでも最近では防水加工をしているものも販売されていますので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。